予防歯科

痛くなってからで無く、痛くなる前に という姿勢を目指して

予防とは、「予め、防ぐ」という意味です。
昨今、医療界では、非常にこの言葉に重きをおき、今までの悪くなってから治すという医療だけでなく、悪くなる前に病気となる原因を発見し早期に絶つ、という医療が重要視されております。
歯科医療においても、虫歯や歯周病などの病気になってからの治療だけではありません。
お口の中の健康を痛くなる前から守り、また増進するための積極的な医療もあります。

つまり病気の原因から治す方法です。これがもっとも効果的です。

虫歯や歯周病などの病気になったら、とりわけ歯科において元通りならない場合もあります。
また病気になってしまうと、ただ一本の歯を失うだけでは止まらず、心身の健康を含め、大切なものまで失ってしまいます。

虫歯だから削って詰めましょう、痛いから神経をとりましょう、揺れてきたから抜きましょう…という、これが今までの歯科医療です。

予防歯科は、虫歯や歯周病に限らず、口の中のあらゆる所を検査します。
たとえば顎の骨や顎関節をはじめ、口の中の癌の有無、舌の粘膜の状態、噛み合わせや歯並び、唾液の量や質などです。
このような細かい検査を定期的に行うことにより、見落とされがちな口の中の疾患を早期に発見することができます。

また期待できる大きな効果としては、自分の口の中の状態を正しく知ることにより、口内の健康に対する意識が高まるという点です。
検査だけでなく、今後の生活での注意点や、その人にあった歯磨きの指導ができます。

早期発見、早期治療に努力し、もとから虫歯をつくらないようにするための知識の習得と意識の改善、これが大変重要なのです。自分の歯は自分で守りましょう!

年齢や、お口の中の状態に合わせた予防システムで、むし歯、歯周病予防を行っております。むし歯の予防法はその年齢ごとで注意点も変わりますし、使用する予防器具(ブラシなど)も変わってきます。

食生活や、治療した歯の本数などのさまざまな情報を元に、その人個人によって異なるむし歯になるリスクの原因を突き止め、改善していきます。
また、小児(乳幼児・児童)を対象にフッ素塗布や予防プログラムも取り入れております。

定期的な検診とマウスクリーニング(PMTC)

当院では担当歯科衛生士制に基づき、プロによる専用の器材を使った定期的なマウスクリーニングを実施しております。
それにより歯の表面上の汚れ(お茶、赤ワイン、喫煙による汚れなど)も取り去ることができます。クリーニングを定期的に行なっていると、虫歯や歯周病の再発率が10分の1以下になるという北欧のデータがあります。



第一段階の頃は歯周病を起こす菌が歯の表面にくっつき、それが大元で歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れたり、ブラッシングすると毎回出血するような状況が歯肉炎の病状なのです。口臭を抑える効能のあるドリンクにコーヒーが知られていますが、多量に飲みすぎると口内の水分がカラカラになり、皮肉なことに口の臭いの原因になりうるものです。
仕事や病気等で疲労が重なってしまって体力が弱まったり、栄養バランスの悪い食事が長らく続くことによって体調の優れない容体に変わったとしたら口内炎を発生しやすくなる可能性があります。
歯のメンテは、美容歯科の手当が終わり満悦な出来になろうとも、おざなりにせずに持続させなければ元の状態に退行してしまいます。
現段階で虫歯に悩んでいる人、もしくは前にムシ歯で悩んでいた人、実に日本人のおおよそ90%がこうしたムシ歯を誘発する菌を必ずや抱えているということを言われています。


デンタルクリーニングを受けるのは、歯周病の原因となる菌の増加を封じ込める効果的な方法だと科学で証明され、感覚的に爽快なだけではないと考えられています。
口の開閉で生じる筋肉の緊張を取り、異常を起こしてしまった顎関節内を正しい値に戻すトレーニングを実践したり、顎関節の運動をより順調にするリハビリをやってみましょう。実用範囲が非常に大きい歯科専用のレーザーは、種類も豊かで、これ以外にも多種多様な治療の現場に採択されています。これから先はより一層期待が高まるでしょう。
甘いお菓子等を大量に食べすぎてしまったり、歯ブラシでのブラッシングを手抜きすると、歯周病の原因菌が蔓延し、プラークが繁殖してしまい、その挙句歯肉炎が出現してしまうと考えられています。
びっくりするかもしれませんが日本は予防における残念なことに後進国といわれており、欧米人と比べても実は日本人の歯の使用期間は縮まってきています。最もそれは歯の病気予防全般について危機意識が異なるからだと考えられています。


自分の口臭について自分の家族にも確かめられない人は大層多いと思われています。そういう人は、口臭の外来へ行って口臭専門の治療を行う事をおすすめいたします。
口を開閉する事による筋肉の緊張をゆるめ、歪んだ顎関節内の奥を正常化させるリハビリを取り入れたり、顎関節の運動をより円滑にする動作をおこないます。
レーザーによる歯の治療ではムシ歯を起こす菌をレーザーを当てることにより消滅させ、それのみか歯表層の硬さを強力にし、不快な虫歯になりにくい口内環境にする事ができます。
口の中の匂いをそのままにしておくと、あなたの周辺の人への迷惑は当たり前のことですが、自分の方の心の健康にも重大な傷になる危惧があります。
ドライマウスの代表的な苦痛は、口内が乾く、のどが渇くという事が九割方を占めます。悪化したケースでは痛みなどの不愉快な症状が出現してしまうこともあるのです。

歯と歯のかみ合わせの障害は、顎の関節の病気である顎関節症の動機のひとつではあるらしいのですが、まだそれ以外にも素因が必ずあるという考えが一般的になったそうです。
口の臭いを抑制する効用のある飲みものに、コーヒーの名前があげられますが、あまり飲み過ぎると口の中の水分がカラカラになってしまい、悪いことに口の臭いのきっかけとなりうるものです。
患者の希望する情報の明示と、患者自らの自己決定権を重く見れば、相応の重責が医者の立場へ向けて厳重にリクエストされるのです。
日本は歯の病気予防における後進国といわれており、欧米人と比べて、実際は日本人の歯の寿命は短くなっていく一方です。元から歯の病気の予防全般における思想が違うという事が感じられます。
最初は歯周病を起こす菌が歯の表面に付着してしまい、それで歯ぐきが炎症を起こして赤くなって傷んだり、ハブラシで歯磨きをするといつも血が出るような症状を呈するのが歯肉炎の病状なのです。

デンタルホワイトニングは、歯の外側のエナメル質のゴミや汚れなどをよく取り除いた後で行いますが、それには自宅で自分でできるホームホワイトニングと歯医者さんで受けるオフィスホワイトニングという、2つの選択肢が存在します。
当然ながら医者が多いと、時間をかけて患者さんを診てくれそうなイメージがありますが、むしろそういう医院はまるで流れ作業のように、患者さんの治療をおこなう病院が存在するようです。
ある研究によると、顎の関節に違和感を感じるという自覚症状がまったくない人でも、30~40%の人がご飯を食べたりする際に、これと一緒の異音が鳴るのを感じたようです。
つい最近になって歯周病の要因を除去する事や、大元となる菌に感染したところを清めることで、組織が再び生まれ変わることがみられるような医術が整いました。
歯科医による訪問診療の場面は、施術が一通り終了した後も口の中のケアのために、一定のペースで担当の歯科衛生士が、訪問する事が何度もあり得ます。

歯を末永く存続させるには、PMTCがとても重要であり、この事が歯の治療した結果を半永久的に保てるかどうかに、強く関わってくることも確実な事です。
デンタルクリーニングは、歯周病の元凶である菌の増えるのを予防する良い方法だと、科学的にも証明され、ただ漠然と清々しいというだけではないということです。
口の開け閉めで生じる筋肉の緊張をゆるめ、異常を起こした顎関節内部を正常値に修正する動きを実践したり、顎関節が動くのをより自然にする医学的なエクササイズをおこないましょう。
インプラント対策の長所は、入れ歯の問題点を完全に払拭してしまうことや、本来生えていた時と同じような状態に仕向けることや、周りの歯を守ることが例示できます。
ホワイトニングの施術を受けないケースでも、歯にできているヒビを無視しておくと、象牙質が傷つき、外の空気や口に入れた食物が当たるたびに痛みが走る場合があり得るのです。